FUSEKO family presents MEET THE PROFESSIONAL LIVEFUSEKO family presents MEET THE PROFESSIONAL LIVE

布施工科高校の“現場”を
生徒と先生が配信!

「工科高校ってどんなところ?」「プロと同じことを授業でやるってホント?」
そんな疑問を持っているあなた、布施工科高校生の日常を覗いてみよう!

機械技術同好会

2017.8.8

祝!2017Ene-1GP SUZUKA KV-2総合2位

『 2017Ene-1GP SUZUKA 』KV-2クラス総合2位!

8月6日 鈴鹿国際サーキット(フルコース)において開催された2017Ene-1GP SUZUKA に出場してきました。

結果は、KV-2クラスで総合2位というすばらしい結果を出すことができました。

出発までは生徒たちが技能検定受検や就職活動で主戦力不在の中で準備を進めてきました。ようやく出発前日に全員がそろい、迷走する台風5号の直撃を心配しながら慌ただしく出発準備をしました。

今年は総合1位を狙うために試走会のデータを元にモーターも新調し、来年を見据えてドライバーも3年1名、2年1名をエントリーして万全の体制で鈴鹿サーキットに向けて出発しました。

大会前日に行われたソーラーカーレースを見つつ、前日車検にも無事クリアーして大会当日に向けて最終チェックもスケジュール通り進めることができました。

8月6日05:30 鈴鹿サーキット入り。

朝一番に受付を済ませ、ドライバーと1年生はコースウォークへと出かけ、コースチェックをします。ピットクルーはレースに向けて着々とマシンの整備を進めていきます。

レース形式は国際コースを1周のタイムトライアルを3本行い、総合タイムで競われます。限られたエネルギーを使って3本すべてを走りきるという過酷なレースです。

<1stアタック>

3年生ドライバーがチャレンジ。

2ndアタック・3rdアタックで悪天候を想定して全開走行指示です。

しかし、気温は非常に高く、新しいモーターにもうまく順応できず想定タイムを大幅に下回る8分台に終わってしまいました。ドライバーは軽い熱中症と判断され、大事を取ってサーキット医務室へと運ばれました。

<2ndアタック>

2年生ドライバーがチャレンジ。

3年生ドライバーの体調が思わしくなく2年生ドライバーを起用。

気温はどんどん上昇する中、スタートしていきます。

ドライバーからサーキットブレーカーの不調を訴えるアナウンスがあり、なんとか走行できているとのことで、だましだましの走行で何とかゴールラインまで帰ってきました。(ラップタイム10分台)

この段階で今年の総合順位は下がることが予想されましたが、最後まで走りきった者に女神は微笑むはずです。。。

<3rdアタック>

もう作戦はありません。やる気の強いドライバーが全力で走るのみです。

立候補者:3年ドライバー

さすがというところでしょうか、3年生が手を上げて志願しました。あとは任せるだけです。

勢いよくスタートしていき、順調に周回してくれました。ラップタイムは8分台で後はリザルトの発表を待つのみです。

結果:KV総合15位・KV-2クラス総合2位

入賞です!しかも表彰台!

やはり生き残った者に結果がついてきてくれました。想定していた目標結果にはほど遠いものでしたが、表彰台は気持ちのいいものです。3年生にとっては最後の大きなレースでしたが、表彰台に乗れて笑顔もひとしおでした。

最後になりましたが、応援していただいた皆様に感謝をしつつ、次のレースに向けて技術技能をさらに磨いていきます。

 

文責:松川

 

一覧へもどる